【モッピー】友達紹介のお礼

Pocket

当サイトからモッピーに登録してくれた方がいたようです。本当にありがとうございます。
tomodati4

これでモッピーのお友達は4人になりました。お礼といっては何ですが、モッピーでの稼ぎ方のコツのような物を書きたいと思います。知っているのといないのでは結構違うので、モッピーで稼ぐ上で参考になれば幸いです。

モッピーで毎日稼ぐ方法のコツ

まず、モッピーにはPC版サイトとスマホ版サイトがあります。たくさん稼ぎたいなら両方のサイトで稼ぐことをオススメします。モッピーはそれぞれのサイトが独立しているので、PC版でガチャをしてスマホ版でもガチャを回すことができます。

それぞれのサイトでゲームなどができるので両方のサイトで稼げば、毎日約2倍のポイントを稼ぐことができます。モッピーはC版サイトとスマホ版サイトの両方で稼ぐことによって、真の力を発揮します。

モッピーでもう少し稼ぐコツ

ガチャやゲームだけでは物足りない!という方もいると思います。本当のことを言うと、ゲームやクリック、だけではPC版、スマホ版合わせて毎日やっても月300~500円程度しか稼ぐことができません。

こう聞くとモッピーが稼げないサイトと思われるかもしれませんが、そうではありません。クリックやゲームだけで月300円稼げるサイトはかなり優秀なポイントサイトです。いろいろなポイントサイトで稼いでいる方は分かると思います。

しかし月300円程度では満足できない人も多いでしょう。そこで無料の会員登録などをして稼ぐのをオススメします。これは自分のメールアドレス、名前、住所などをサイトに登録してそのサイトの会員になることで、ポイントを稼ぐ方法です。

ゲームやガチャと違い、少しまとまったポイントを稼ぐことができます。毎日、お仕事などで、モッピーを覗けない忙しい方も、この方法なら空いた時間にやるだけで十分稼ぐことができます。

最初の月は登録できる案件が多いと思うので5,000円~1万円程度稼げますが、次の月から2,000~3,000円程度になると思います。

会員登録をして稼いでいく場合、何度もメールアドレスやら名前やら入力していくことになります。2、3件ならともかく10件ともなるとそれなりに大変です。

手間を軽減するには?

そこで便利なのがaiBAR2008という無料のソフトです。このソフトは名前や住所、メールアドレス等を一度入力すると、以降は自動的に入力してくれるようになるという画期的ソフトです。

全ての入力に使えるわけではないですが、これを上手に使えば格段に早く簡単に会員登録をすることができます。ポイントサイトだけでなく、懸賞の応募などにも応用できるのでかなり、便利な無料のソフトです。

モッピーで少し得するコツ(リスクなし)

モッピーはお買い物する時に利用(経由)することでもポイントが稼げます。Yahoo!ショッピング、ヤフオク!、ニッセン、ベルメゾンネット、などの他にも様々なお店で利用できます。モッピーでもお得なのですが、実は、お買い物をする時はもっとお得なサイトがあります。

登録する作業が必要ですが、ポイントサイト【ハピタス】経由でお買い物した方がモッピーよりお得な場合が多いです。ちょいと面倒ですが、買物する度に差が少しずつ出てくるのでやってみるのもアリだと思います。面倒な方はスルーしてOKです。

▼ハピタスには下の画像から無料で登録できます。▼
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
詳しく知りたい方はポイントサイトでお得にお買物ページをご覧になって頂くとハピタスがモッピーよりお得(買物する時は)なのがわかると思います。

★モッピーでたくさん稼ぐコツ(リスク大)

モッピーでたくさん稼ぎたいならクレジットカードの発行、FXの口座を開設して取引、などをして稼ぐのをオススメします。これらの方法は他の方法に比べ圧倒的に稼げる分、リスクが大きくなっています。

特にFXの取引が必要な物は大損をする可能性もあるので、やる際には、デモトレードでしっかり練習し、準備万端の状態で挑むのをオススメします。私個人の考えでは、FXは十分に知識がない方、お金が十分にない方、はできるだけ避けた方が懸命だと思います。

ポイントを稼ぐ為にFXで取引をして大損をしてしまったら、本末転倒ですからね。その他ポイントサイトについてわからないことがありましたら、何でもコメント蘭から聞いてください。まだまだ未熟者ではありますが、私が答えられるものは何でも答えます。

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>