モッピー攻略 モッピーガチャ編!

Pocket

モッピーガチャはモッピーに登録している人なら誰でも参加できます。時間も掛からず、はずれもなく、もらえるポイントも多いので非常に優れたゲームです。

基本的にガチャはPC版サイトとスマホ版サイト、両方で回すことができます。モッピーはPC版とスマホ版サイト両方で稼げば2倍稼げるポイントサイトになります。

1つ注意する点としてモッピーのガチャは回した直後にポイントが加算されません。数分たたないとポイントは反映されないので覚えておきましょう。

ノーマルガチャ攻略

ノーマルガチャは1pt、3pt、5ptのいずれかが必ず当たるガチャです。1日1回参加でき、クリックするだけでガチャを回せます。

ガチャを回した後、広告をクリックすることでポイントがもらえるので忘れないようにしましょう。

ノーマルガチャ参加特典

ノーマルガチャに参加すると、レアガチャに参加する抽選を受けることができます。レアガチャはノーマルガチャに参加した人の中から1,000人に毎日当たります。

個人的なノーマルガチャの結果です。

・1ポイント=214回
・3ポイント=30回
・5ポイント=9回

レアガチャ攻略

レアガチャは2pt、6pt、10ptのいずれかが必ず当たるPC版モッピーだけでできるガチャです。もらえるポイントはノーマルガチャの2倍になっています。

レアガチャの当選確率は?

私個人のレアガチャ当選の確立は226回中8回でした。まだ試行回数が少ないので確立が偏っている可能性があります。参考程度にしてください。

個人的なレアガチャの結果です。

2ポイント=5回、6ポイント=2回、10ポイント=1回

プレミアムガチャ攻略

プレミアムガチャは5pt、10pt、100ptのいずれかが必ず当たるガチャです。無料で稼げるポイントとしては100ポイントは破格なのでぜひ参加しましょう。

私自身もこの間ついに100ポイントが当選しました。しかし半年間やって、1回しか当たっていないのでプレミアムガチャに過度の期待は禁物です。

個人的なプレミアムガチャの結果です。

5ポイント=33回、10ポイント=5回、100ポイント=1回
pre100

プレミアムガチャに参加するには?

PC版とスマホ版、両方のサイトのガチャを回す必要があります。両方のガチャを回すとスタンプが1つもらえます。スタンプが6個貯まるとプレミアムガチャに参加できます。

スタンプの有効期限

スタンプには有効期限があり、30日となっています。注意しましょう。

スマホがなくてもプレミアムガチャを回す裏技

プレミアムガチャに参加するには通常、スマホや携帯のサイトでガチャを回せないと不可能です。しかし、PCしか持っていない方でも裏技を使えば、プレミアムガチャに参加できるようになります。

FireMobileSimulatorを使いこなせ!

FireMobileSimulator(ファイヤーモバイルシュミレーター)を使うと、PCからスマホ版モッピーのサイトに行ってガチャを回すことができます。

モッピーの他にもげん玉、ECナビ、GetMoney等のスマホ版サイトでポイントを稼ぐことがきるようになるのでオススメです。

スマホ版ガチャ攻略

モッピーはPC版だけでなくスマホ版サイトにもガチャがあります。こちらも1日1回参加できます。

スマホ版ガチャも1pt、3pt、5ptのいずれかが必ず当たるようになっています。こちらもガチャを回した後、広告をクリックしないとポイントがもらえないので注意しましょう。

個人的なスマホ版ガチャの結果です。

・1ポイント=208回
・3ポイント=29回
・5ポイント=6回

モッピーガチャまとめ

モッピーガチャは時間がかからない、はずれもない、稼げるポイントもかなり多い、三拍子揃ったゲームです。無料で稼げるゲームやクリックの中ではかなり稼げる部類です。

モッピーとは?

モッピーはガチャの他にも、miniゲームパーク、モッピーアドベンチャーⅡ、モッピークイズ、クリックで貯める、CMくじ、アンケート、スクラッチ、モッピーワークス、モッピータイピング等、ポイントが貯められるコンテンツがたくさんあるサイトです。

モッピーはスマホ、携帯から登録することで本会員になることができます。モッピーに登録する場合は本会員での登録をオススメしています。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>