モッピーアドベンチャーⅡ攻略編!

Pocket

モッピーアドベンチャーⅡは45マスのすごろくゲームです。1週間の間に1日2回参加してゴールを目指します。ゴールすれば順位に関係なく1000Gと2ポイントがもらえます。

モッピーアドベンチャーⅡ-1
また、上位にランクインすれば大量のポイントが稼げます。正しランキングは単純にゴールする早さではなく、ゴールしてなおかつG(ゴールド)をたくさん持っている順で決定するので注意しましょう。

ランキングでもらえるポイント

1位=10,000ポイント(1万円)
2位~10位=500ポイント(500円)
11位~50位=50ポイント(50円)
100位~1000位のキリ番=100ポイント(100円)
キリ番とは100位、200位…900位、1000位とキリのよい順位のことです。
ランキングポイント

ゴールについて

モッピーアドベンチャーⅡではゴールにぴったりと止まらないとゴールできません。ゴールすると順位に関係なく全員に1000Gとモッピーのポイント2ポイントがもらえます。

ゴールした後は?

モッピーアドベンチャーⅡはゴールしたら終わりではありません。ゴールした次の回からダブルアップチャンスをすることができます。ダブルアップに成功すると持っているGが2倍になりますが、失敗すると半分になります。

ダブルアップは絶対にやるべき

ゴールした後、ダブルアップするかしないかは選ぶことができます。しかし、モッピーアドベンチャーで上位にランクインするにはダブルアップを何度も成功させるしかありません。失敗しても失う物はGだけなので積極的にやっていきましょう。

モッピーアドベンチャーⅡで1位を狙うには?

できるだけ早くゴールしてダブルアップチャンスを何度も成功させる必要があります。真実の鏡や身代わりの像などを持っていれば使いましょう。

真実の鏡と身代わりの像とは?

真実の鏡は1度だけ必ずダブルアップに成功するアイテムです。身代わりの像はダブルアップに失敗した時にGが半分にならなくなります。

1位を狙える真実の鏡を入手する方法

モッピーアドベンチャーⅡをプレイした後のページで広告を利用しましょう。一番のオススメはコンタクトレンズ購入の広告利用です。使い捨てコンタクトを使っている方は定期的に必要なものだし、この広告は何度でも利用できるからです。

広告を1回利用する毎に、真実の鏡を1~2個手に入れることができます。モッピーアドベンチャーⅡで1位を取ることができれば1万円もらえるので上手に使えば得する可能性も出てくるかもしれません。昔に比べてコンタクトはとても安くなりましたしね。
コンタクト広告1 コンタクト広告2
コンタクトレンズ以外にも真実の鏡がもらえる広告はいくつかあるので1位を狙いたい方はチェックしておきましょう。

真実の鏡がもらえる広告の探し方

まずモッピーにログインしてモッピーアドベンチャーⅡのページにいきます。画面を少し下にスクロールしてポイント&アイテムを探すをクリックします。
ポイント&アイテムを探す.gif
そしてアイテム別で探すという所から真実の鏡を選び検索しましょう。
アイテム別で探す
2014年5月現在、真実の鏡がもらえる広告は18件あります。

参加人数について

モッピーアドベンチャーⅡは毎週約、2万人以上が参加しています。げん玉電鉄(約6万人)やクッキングマスター(約12万人)などと比べると参加人数が少ないのでチャンスです。

メンテナンスについて

モッピーアドベンチャーⅡは定期的にメンテナンスをしています。メンテナンスが行われている間はゲームをすることができないので注意しましょう。

あらかじめ行われる日時が決まっている、定期メンテナンスは告知されているので、良いのですが、稀に緊急メンテナンスなどもあるので覚えておきましょう。

 モッピーアドベンチャーⅡのまとめ

げん玉やECナビのすごろくと比べると、クリアした時にもらえるポイントが2倍である点と、ダブルアップが連続で成功すれば、ゴールするのが遅くても上位を狙える可能性があるので、最後まで楽しくゲームができる点です。

またバトルマスで敵を倒して1~2ポイント、?マスに止まっても1~2ポイントも稼げる場合があります。他のすごろくに比べてゴールまでが60マスでなく45マスなので、ゴールしやすく、とても稼ぎやすいすごろくになっています。

▼モッピーはポイントサイトで最も稼げる可能性を秘めているサイトです▼
モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>