モッピーワークス攻略

Pocket

モッピーワークスはお題に沿って、文章を作成することでポイントを稼ぐ方法です。40文字~400文字程度のお題に沿った文章を作成して、認証されると3~60ポイントを稼ぐことができます。

やる気次第でたくさん稼ぐことができるので、モッピーワークスは今後に期待されているコンテンツです。

モッピーワークス攻略

わからないことがあったら、インターネットで調べながら、文章を書くとスムーズに書くことができます。モッピーワークスを長く続けていると、どのようなお題が来ても、何かしら書くことができるようになります。

モッピーワークスの良い点

いろいろな知識を身につけながら書くことができるので、自分でHPなどを運営している人は文章を考えたり、書く(打ち込む)のが早くなります。今後、ネットでお金を稼いでいきたい方にモッピーワークスはぜひオススメしたい稼ぎ方です。どこかで必ず役に立つでしょう。

モッピーワークスのコツ

習うより慣れろ!

正にこの言葉通りだと思います。100聞は1見に如かず!まずは簡単な40文字の案件をこなしてみるとどんな感じかわかると思います。ある程度、慣れるまでは短い文章をこなしていくのが良いでしょう。

いきなり長い文章もチャレンジして非承認になってしまうとへこみますからね。何事も初めが肝心です。慣れるまでは、1つ1つ丁寧にこなしていきましょう。

そう言う私も何度か非承認になった事があります(笑)というかモッピーワークスで一人前を目指すなら1度や2度、非承認になったくらいでへこたれてはダメです。

慣れれば簡単ですが、慣れるまではそれなりに大変です。

モッピーワークスで稼ぐ注意点

モッピーワークスでは、注意する点があります。数が多いですが、ざっと目を通しておきましょう。

小学生の頃、誰もがやった作文の文字数の水増しなどは、やはりダメです(笑)

・他サイトの文章等の引用した場合
・お客様が投稿された文章を他サイト等へ転載した場合
・過去に投稿した記事の再利用や似通った文章での投稿をした場合
・漢字で書くべき箇所を無理にひらがなで記載した場合
・必要以上に句読点を乱用した場合
・強引な文字数の水増しを行った場合
・句読点が極端に少ない場合。
「、」「。」は二文字以上使用してください。
・句読点の代わりにスペースで区切る等の表現
・日本語として意味が理解しにくい文章での投稿
・一般的ではない文章形式での投稿
・箇条書きや見出しでの投稿
・キーワードについて批判的内容の場合
・キーワードについてネガティブな文章の場合
・キーワードとの関連性が低い文章の場合
・記事の内容がキーワードと関係のない場合
・誤字脱字がある場合
・小説の様な表現の場合
・会話メインで構成された文章の場合
・非現実的、常識では考えられない内容の場合
・同じフレーズの使い回しを行った場合(タイトル、本文ともに)
・同一文脈での書き出しの場合
・キーワード指定以外の固有名詞を使用している場合(人物名、企業名、ブランド名などが含まれます。)
・同キーワードでの同一タイトルの投稿
・内容が体験談となっている場合(ルールで「体験談の募集」となっている場合はOK)
・伝聞調の文章(~のようです、~と聞きました、~らしいですの様な表現)
・記号の使用(★、!、♪等)

モッピーワークスで素晴らしい文章を書く必要は全くない!

注意点はたくさんありますが、素晴らしい文章を書く必要はありません。というか、依頼者側の人達は優れた文章を私たちが書けるとは思っていません(笑)

お小遣いサイトで稼いでいる人達はネットでお金を稼いでいるとは言っても、私を含め、インターネット初心者の方が多いです。HPやブログを運営したことがない方もたくさんいます。

そのような人達に初めから良い文章を作ることはまず不可能です。なので、依頼者は初めから素晴らしい文章を期待しているわけではないのです。素晴らしい文章でなくても何らかの利用価値を見出しているから、文章作成の依頼をしているのです。

長くなりましたが、要は盗作などでなく、常識のある文章なら大丈夫になっています。

モッピーはスマホ、携帯から登録することで本会員になることができます。モッピーに登録する場合は本会員での登録をオススメしています。
モッピー!お金がたまるポイントサイト
▲モッピーは2014年、一番期待されているポイントサイトです!▲

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>