ハピタススゴロク攻略

Pocket

ハピタススゴロクは1週間の間に30マスのゴールを目指すスゴロクゲームです。1日1回AM3:00~AM2:59に参加することができます。ゴールすれば必ず1ポイント=1円がもらえます。

map

また上位にランクインすることで大量のポイントを獲得することができます。

1位 5000pt
2位 1000pt
3位 500pt
4位 ~ 10位 100pt
11位 ~ 1000位 1pt

ハピタススゴロクの知っておきたいルール

・ブロンズ会員以上でないとハピタススゴロクに参加できない。
・メンテナンス中はスゴロクができない。
・ゴールすれば何位でも必ず1ポイント=1円もらえる。
・ゴールする時はゴールマスにぴったり止まる必要はない。
・カードには1ヶ月の有効期限があるので注意する。
・ポイントマスに止まるとポイントがもらえるが、1ポイント以上獲得できない。
・皆勤賞でもらえるカードはゴールできなかった場合のみもらえる。

ハピタススゴロクに参加するには、6か月の間にハピタスで広告案件へ1件以上申し込む必要があります。

効率よくハピタススゴロクで稼ぐには?

ハピタススゴロクではゴールを毎回狙うより、1回でも上位にランクインした方が何倍も効率よく稼げます。アイテムを中途半端に使ってゴールしても上位にランクインすることはできません。

アイテムは使う週を決めて、1日目~3日目の間に連続で使うのが基本的な戦略になります。かなりの強運が必要になりますが、サービスや案件を全く利用しなくても、1位を狙うことは可能です。

そして3日目の夜中の3時になった瞬間にスゴロクに参加してアイテムを素早く使う必要があります。

ハピタススゴロクで1位を狙う方法

1位になる為には最低でも3日目にゴールしないと難しいです。3日目にゴールするにはアンコール・ワット、パンダカード、法隆寺、タージマハルなどのアイテムが必須です。

・法隆寺(サイコロを3個振れる)=最大18マス進める
・パンダカード(サイコロを2個振れる)=最大12マス進める
・アンコール・ワット(サイコロの出た目の2倍進める=最大12マス進める
・タージ・マハル(使うと必ず10マス進める)=最大10マス進める

この中でも法隆寺は通常は案件利用しないと手に入れることはできません。よって、残りの3つのカードを3枚以上集めることから始めます。

1位を狙うカードを集める方法

・案件利用をする。
・カードマスにできるだけ止まる。
・皆勤賞でアイテムをもらう。

案件利用をする

案件利用をすれば比較的簡単に強力なアイテムが手に入りますが、ここでは除外します。

カードマスにできるだけ止まる

アイテムマスに止まると、アンコールワット、パンダカードが手に入る時があります。これを手に入れる為にエベレスト(1~5マス進むマスを選べる)を使いカードマスに必ず止まるようにしましょう。

card

皆勤賞でアイテムをもらう

ハピタススゴロクに毎日参加し、なおかつゴールできなかった場合、皆勤賞でカードがもらえます。少し前はパンダカード等がもらえていましたが、現在はエベレストが多いようです。

皆勤賞でエベレストを手に入れ、それをカードマスに止まる為に使いましょう。

エベレストをカードマスに止まる為だけに使う?

エベレストは最大でも5マスしか進むことができないカードです。6回連続で使ったとしても6日目にしかゴールできません。従ってこのカードだけでは、上位にランクインするのは不可能です。

となると必然的に1位を狙えるアイテムの為に使うという方法がベストになってくると思います。狙うは上位のみ!

ハピタススゴロク攻略のまとめ

1位を狙えるカードを集めて、集中的に使わない限り、上位にランクインすることはできません。1位になるには、アイテムを手に入れ、サイコロの目に恵まれ、3日目の夜中3時にアイテムを使う速度で競り勝つ必要があります。

このように書くと、絶対に1位は無理のように思えるかもしれませんが、実の所、それほど難しくはありません。私は6万人以上参加(ハピタススゴロクの約3倍)のスゴロクで1位を取ったこともありますし、夜中の3時に起きて、スゴロクに参加できる人はなかなかいないからです。

下の画像からハピタスに登録すると30ポイントもらえます。ハピタスはお買物をする時にお得なポイントサイトです。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>