モッピーで月300円稼ぐ方法

Pocket

モッピーで月300円稼ぐ方法を解説したいと思います。え、300円?ハァ?ふざけてんのか?遠足のおやつ代じゃねえんだぞ!(゚Д゚)ゴラァ!と思われるかもしれません。

でも、小学生でもモッピーに登録すれば月300円は稼ぐことができます。(登録時に親の同意が必要)
100en100en100en
そして月300円稼げない人が月3,000円稼ごうとしてもなかなか難しいです。ということでモッピーで月300円稼ぐ基本的な方法を解説したいと思います。

モッピーで月300円稼ぐ方法はたくさんあります。ここでは代表的な方法をいくつか紹介したいと思います。

・無料ゲームやクリックだけで稼ぐ
・モッピーワークスで稼ぐ
・アプリのダウンロード、無料会員登録で稼ぐ
・モッピーでお友達を1人紹介する

無料ゲームやクリックで月300円稼ぐ

モッピーはPC版サイトとスマホ版サイトがあります。それぞれのサイトでガチャやクイズができるので両方でこなすのが条件です。

携帯やスマホを持っていない方はFireMobileSimulatorを使うことによってPCからスマホ版モッピーのサイトで稼げます。

両方のサイトで無料ゲームやクリックを毎日するだけで月300円稼ぐことができます。

具体的には下のコンテンツを毎日こなせば達成可能です。

・miniゲームパーク
・モッピーガチャ (PCとスマホ)
・レアガチャ (当選した場合のみ)
・プレミアムガチャ (6日に1回参加可能)
・モッピーアドベンチャー
・モッピークイズ (PCとスマホ)
・クリックで貯める
・CMくじ (PCとスマホ)
・CM動画 (PCとスマホ)
・モッピービンゴ (スマホ)
・メールクリック (PCとスマホ)

プレミアムガチャで100ポイント、モッピービンゴで全ラインビンゴで89ポイントなどができれば500円以上も稼げる可能性が出てきます。

この方法の良い所は子供から大人まで誰でも稼ぐことができる所です。誰でもコツコツとやれば必ず達成できるので頑張ってみてください。

それぞれのゲームは攻略法や楽にする方法などがそれぞれあるので下のページを参考にしてください。

モッピー攻略

モッピーワークス

モッピーワークスで月300円稼ぐ場合は400文字の案件(60ポイント)を5つこなせば良いことになります。モッピーワークスは慣れるまでは大変ですが、慣れるとかなり稼げるコンテンツです。

慣れた人なら400文字の文章を20分で作るのは簡単な事です。5つ作っても2時間かからないないで達成できるでしょう。

モッピーワークス攻略

アプリのダウンロード、無料会員登録

アプリのダウンロードで稼ぐ場合、10個程度こなせば完了です。慣れている人なら1時間かからずにできます。ポイントがもらえたら、使わないアプリはどんどん削除しましょう。

無料会員登録で達成するなら無料会員登録としては報酬額の高めのU-NEXT、hulu、ニコニコ動画に1件でも登録すればそれだけで300円が達成できます。

これらの案件は1件登録するだけで無料で500~1200円程度稼げますが、登録にクレジットカードが必要な事、無料期間中に解約するのを忘れると料金が発生するの注意が必要です。

モッピーでお友達を1人紹介

モッピーでお友達を1人紹介することができれば、300ポイント=300円がもらえるのでちょうど達成できます。お友達紹介といってもお友達を必ず紹介しないといけないわけではないです。

家族を紹介してもポイントはもらえます。兄弟、姉妹、父、母、誰でも大丈夫なので頼んで登録してもらえば、それだけで300円がゲットできます。

家族に登録してもらう場合はできるだけ携帯やスマホから本会員登録してもらいましょう。モッピーではPC会員登録と本会員登録があります。

本会員登録してもらうと換金手数料がお得だったり、稼げるポイントが増えたりするのでできるだけ本会員登録をしてもらいましょう。

友達紹介攻略

モッピーで月300円稼ぐ方法のまとめ

モッピーで月300円稼ぐ方法を解説してみましたが、どうだったでしょうか?いろいろなやり方があるので自分にあった稼ぎ方を選択してください。

モッピーはゲームやクリックだけでも月300円稼げる優秀なポイントサイトです♪携帯、スマホから本会員登録をオススメします。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>