無料でかなり稼げるゲームがゲットマネーにキター!ヽ(‘∀’)ノ戦国!姫のお宝さがし!

Pocket

ゲットマネーPC版サイトに新ゲーム!戦国!姫のお宝さがしが登場しました。ゲットマネーがついにやってくれました!待望の無料で稼げるゲームの登場ですね。
main
戦国!姫のお宝さがし!で合計1,004ポイント稼げました! 7月15日~2014年7月21日まで

1週間でギリギリですが1,000ポイント稼げました!

ポイントタウンにもあるあのゲームです。2時間毎に参加できるので時間のある方はコツコツと稼げるゲームです。

main7

昨日から何度か参加して、なんと100ポイント1回と200ポイントも1回ゲットできました!2時間に1度、参加できるゲームでコレは凄いかも。

これだけ稼げるとゲットマネーの事が別の意味で心配になってしまいます。


2時間に1度参加できるゲームの釣っトク(スマホ版げん玉)やモッピートレジャー(スマホ版モッピー)で100ポイント稼ぐのは至難の技ですが、このゲームなら1日に何度も参加すれば可能です。

宝箱とカギを集めて宝箱を開けるゲームです。基本的に左、右、真ん中の選択肢を選んで行くだけでゲームは進んでいきます。

宝箱を集める → カギを集める → 宝箱を開ける という流れになります。

main2

カギが手に入る数

武将バトルでカギを手に入れることができます。カギは戦国武将に1人に対戦する毎に0~2個手に入るようです。

カギは1~16個程度手に入るようです。

main4

戦国武将について

毛利元就、武田信玄、今川義元、上杉謙信、北条氏康、徳川家康、足利義輝、伊達政宗、豊臣秀吉、織田信長の計10人です。

宝箱の種類

宝箱の種類は3種類あり、ノーマル → シルバー → ゴールドと期待度が上がっていきます。

宝箱の種類 難易度 期待度
NORMAL(ノーマル) ★★ ★★
SILVER(シルバー) ★★★ ★★★
GOLD(ゴールド) ★★★★★ ★★★★★

宝箱の中身

宝箱を開けるのに成功した場合に手に入ったポイントです。

・NORMAL=1ptが38回、2ptが8回
・SILVER=1pt=6回、2ptが16回、50pt=2回、100pt=1回、150pt=1回
・GOLD=50pt=5回、100pt=1回、200pt=1回

宝箱が開く確立

カギを1個使って、開けることができた確立です。

・NORMAL=112回挑戦して43回成功
・SILVER=148回挑戦して26回成功
・GOLD=65回挑戦して7回成功

ざんねんチャンス(50%) NORMAL=19回挑戦して14回成功

いずれも試行回数が少ないので確立が偏っていると思われます。参考程度にしてください。

戦国!姫のお宝さがしのまとめ

ゲットマネーがその名に恥じないゲームを導入してくれました!2時間に1度参加できるのに、100ポイントが手に入るゲームは凄いです!

今後もゲットマネーには唯我独尊、わが道を行って欲しいものです。毎日ゲットマネーに訪問するのが楽しみになりました。頑張れ!ゲットマネー!

しかし歴史に名を残している戦国武将相手から武器も持たずにカギを奪い取るなんて、凄い姫様ですねw(゚o゚)w

先ほど10人目最後の武将、織田信長まで初めて行ったのですが、エストポリス伝記Ⅱという昔のゲームを激しく思い出しました。

main5

構図とか背景とか何となく似ているなあと思った。改めて比べてみるとそれ程似てないかな。

main6

▼下の画像からゲットマネーに無料で登録できます。▼

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

無料でかなり稼げるゲームがゲットマネーにキター!ヽ(‘∀’)ノ戦国!姫のお宝さがし!” への2件のコメント

  1. オマエモナーさん、こんにちは♪(*^▽^*)
    「姫のお宝探し」、GetMoney!に来ましたね!!
    200pt出たんですね!!すごい!おめでとうございます♪

    これは嬉しい事件ですね♪ほんとGetMoney!側にすれば、
    太っ腹?大丈夫でしょうかって心配になりますが。
    サイト側も色々と改変中なんですね。

    • ぽいん様、こんにちは^0^
      コメントありがとうございます。
      何度か参加しただけで、200ポイントが出た
      のでよかったです。

      1円も使わずに稼げるゲームが出来たので
      久しぶりに少し頑張ってみたいと
      思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>