PeXの詳細

Pocket

PeXの詳細

PeXについてPeXはポイントサイトで稼ぐなら避けて通ることはできないサイトです。PeXは他サイトで手に入れたポイントを様々なポイントに交換することができるのが特徴です。

ポイント交換のPeX

★ポイントの交換条件

PeXでは稼いだポイントをギフト券、他社ポイントなどに交換可能です。ポイントはある程度貯まらないと交換することはできません。
★他社ポイントに交換する

他のポイント 必要ポイント 交換レート 手数料
Cecile(セシール) 1,000pt 1,000pt → 100p 無料
ぐるなびスーパー「ぐ」ポイント 1,000pt PeX1,000pt → 「ぐ」110pt 無料
ベルメゾン・ポイント 3,000pt PeX3,000pt →ベルメゾン300pt 無料(期間中につき)

PeXポイントは現金、電子マネー、マイレージ、ギフト券など様々なモノ交換することができます。
★ギフト券に交換する

ギフト券 必要ポイント 交換レート 手数料
Amazonギフト券 990pt 990pt → 100円分 無料
iTunesギフトコード 4,900pt 4,900pt → 500p 無料
TSUTAYA onlineギフト券 4,750pt 4,750pt → 500p 無料
ニッセンお買物券 5,000pt 5,000pt → 550円分 無料

★電子マネーに交換する場合

電子マネー 必要ポイント 交換レート 手数料
BitCash 5,000pt 5,000pt → 500円分 無料

★PeXでは他にも様々なポイントに変換することができます。詳しくはサイトでご確認ください。

★ポイントを稼ぐ方法

バナークリック (1pt、毎日可能)

当たりを探すバナークリック (8つのバナーから当たりを引いて1pt)

検索 (1日5回検索で5pt、1度検索した後は次の検索をするのに5分必要です。検索後は下の画像のように次に検索したらポイントが獲得できる時間が表示されます。)

pexkensaku

折り込みチラシ巡り隊 (近所の広告を見て1pt、毎日可能)

アンケートに答える (回答で10pt)

★期間限定のポイント稼ぎ

タイプでPon! (タイピング入力でお仕事、30問以上正解した人で200万P山分け10月15日~2013年10月31日)

サーチ!(仕事内容、文字データ入力のお仕事「名刺入力ワーク」:正解10個につき1ポイント、仕事数の上限なし)

アドバイス!山分けポイントがあるので、山分けポイントがある期間は参加してみても良いと思います。参加している人数が増えれば増える程もらえるポイントが減ってしまうので難しい所です。

いきなり文章力検定 (キーワードに沿って100~400文字のオリジナル文章を作成)

サーチ!(文章作成で150pt~、ポイント獲得数1~100位でボーナス30,000~500pt)

アドバイス!(文章を書くのに慣れていない人は避けた方が無難だと思います。しかし手間がかかる分やる人が少ないと予想されるので頑張れば100位以内に入れる可能性は高いと思います。)

シールで200万P山分け! (毎月1回200万pt山分け、シールを10枚以上集めると参加可能、シールは折り込みチラシ巡り隊で1枚、めくってシールで1枚もらえる)

★条件付ポイント稼ぎの方法

ペンギンチャンネル (現在休止中、1動画につき15pt)

シロクマチャンネル (ポイント未交換の場合は不可)

動画広告 CMくじ (ポイント未交換の場合は不可)

★ゲームで稼ぐ

ポイントビンゴ (1週間の間にビンゴしたらpt)

サーチ!(1~2000位に30,000~50pt、1週間の間にビンゴした全員に30pt、1日1回当選番号のチェックの必要あり、参加人数10万人程度)

ポイントスゴロク (30マスのすごろくで1週間の間にゴールしたらpt、ポイントマスに止まるとpt)

サーチ!(1~2000位に30,000~50pt、ゴールした全員に30pt、ポイントマスに止まるとpt、参加人数10万人程度)

★総合評価

PeXはお金をかけずにポイントを稼ぐのには適していないが、他サイトからポイントを交換する時にあったほうが便利です。ポイントサイトで稼いで行きたいと思う方は登録しておいて損はないでしょう。

ポイント交換のPeX

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>